共済会について


あなたも助け合いの輪の中へ
体の調子が悪くても、ガマンしがちなのが中小業者。社会保障が、どんどん切り捨てられるなか、民商・全商連共済会は、いのちと健康を守る運動にとりくんでいます。 仲問どうしが助け合う自主共済の活動は、ほかの保険や共済にはない「民商共済」ならではの魅力を生み出しています。

民商共済会の5つの魅力

1、無条件で加入できる
民商会員とその配偶者は年齢を問わず、入院・通院中でも加入できます。会費は前納制で月1,000円です。

2、いのちと健康を守る助け合いを重視
民商共済会の集団健診の結果、「健康」な人はわずか15.7%。なんらかの「異常」が指摘された人は7割をこえています。民商共済では、何よりいのちと健康を重視して、早期発見・治療のため集団健康診断のとりくみに力を入れています。

3、自前の共済
「一人はみんなのために、みんなは一人のために」を合言葉に、会費を出し合い、自前の見舞金や祝金を発展させてきました。

4、心かよう仲間がいる
「目くばり、気くばり、心くばり」を合言葉に、身近な班や支部ごとに何でも相談しあえる運営をしています。

5、仲間の数が力になり発展
すべての民商の仲間が加入してこそ、助け合いの内容は、いっそう豊かになります。創立以来22年間に、のべ108万人を超える加入者へ711億円の共済金を届けてきました。支払われた共済金は会費収入の9割を超え、他の共済ではまねできないものとなっています。




共済会関連のお知らせ&活動記録

現在お知らせはございません。